日刊じゃないでじぺんNo.13

文才、というものについて考える。

僕自身は自分に文才があるなんて全く思わないし、blogなんかいつも纏まりの無い文章で読んでくれる人には申し訳なく思っている。
だけど、ごく稀に僕のblogを褒めてくれる、しかもあんな文章を書きたいなんて言ってくれる人がいたりして、それはそれで素直に嬉しい。
以前も書いたけど褒め言葉はできるだけ素直に受け取ることにしているしね。

だから褒め殺ししようと思ってもこっちは素直に受け取るから無駄に喜ばせるだけで損するよ!

あ、脱線した。まぁ言いたいだけだから問題ない。

話を戻す。
確かに文才を必要とする文章ってのはあるし、例えば本にするなら一定以上のレベルで読みやすい文章、伝わる文章であるべきだ。お金取るんだからね。

でも、こんな雑文くらいは好きに書いたらいいと思うよ。書いちゃいけないことってのは勿論あるけど、書いて良いことをどう書くかくらいは自由だ。

そりゃ出来たらあったほうが嬉しいけどな、文才。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。