日刊じゃないでじぺんNo.242

三日目も朝から散歩。
田園風景の中、歩く度にカエルが跳ねる。
そのあと親戚の女の子の虫捕りっていうか沢ガニ捕りに付き合う。子ペンも物心ついたらこんな環境に預けるのもいいのかもなー。

***

この日は東京から来た僕らのためにセッティングされた日帰り旅行。
子ペン含めて、もうちょいノンビリさせて欲しい気もするけど、善かれと思ってのコトだし、それはありがたいことだ。

***

中津をまわって宇佐へ。
途中、旧海軍飛行場跡地を通過する。今は普通の道路として使われている滑走路跡を通ると、左右に点在する掩体壕。小型戦闘機の形にくり抜かれた形が生々しい。

***

日本全国の八幡宮の総本宮、
宇佐神宮へ。
いいよね、神社!
外界と境内を分ける鳥居を越えたときの空気の違いというか、異界のような感覚。
朱塗りの鳥居や社殿、蓮の花も美しい。個人的な興味でも、撮影的な意味でも超テンション上がる。
とはいえ一応団体行動だし、あまり勝手にふらふら見れないけど。下宮に参拝出来なかったし。
戻る道では石段を降りるときのダイナミックな動きが楽しいらしく、子ペンはしゃぐはしゃぐ。かわいい。まぁ抱っこしてる僕は声しか分からないんだけど。

***

最後のポイントは景勝地、耶馬溪。見るだけかと思ったら、断崖絶壁の上に建つ羅漢寺という寺に行くと言われる。
いやいやいや。
普段なら超楽しそうなんだけど、子ペン抱えてるんですよ?
リフトがあるって言っても、それガチでスキー場のリフトじゃないですか。
子ペン抱えて乗るとか超怖いよ!

***

リフトに乗ったと同時に雨が振り出すし。
子ペンを落とさないように、自分も落ちないようにしつつ、子ペンを雨から守る為にタオルを被せるとか、必要以上にアクロバティックな体験なんだけど。
確かにすごい寺だったし絶景だし、見せたいのはわかるけど。

結局僕と相方は子ペン連れて、雨が止むのを見計らって先に降りた。山頂まで他の人が行ってる間におっぱいあげて、ふもとの茶屋でやせうまを食べて待つ。

***

近くの蕎麦屋で早めの夕食を済ませて帰路へ。この日も子ペンお疲れ様。

そういや途中で親戚の子はおじいちゃんに買って貰ったパピコを半分僕にくれたよ。
何故か本当に懐かれたなぁ。おじいちゃん凹んでたけど。

***

朝食:おにぎり
昼食:御膳みたいなやつ。刺身とか天麩羅とか茶碗蒸しとか。
夕食:天ざるそばと中津の唐揚げ(唐揚げは2店舗分)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。