日刊じゃないでじぺんNo.321

酷い一週間だった。いや、まだ継続中なんだけど。

おそらく前の週末くらいに子ペンが保育園で貰ってきたと思われるタチの悪い風邪が我が家に蔓延。
子ペンと相方が先に発症。

続けて火曜の夕方から僕の体調が急激に悪化。残業もせず帰宅。
でもそのときは既に帰るというアクション自体が苦痛なほどフラフラしてて、正直今となっては記憶も曖昧。とにかく帰ってすぐ寝た。
因みにこの日は子ペンも朝に吐き戻しがあったので保育園を初のお休み。

***

翌日は朝イチで病院へ。扁桃腺が腫れてるとのことで、喉の薬の他、解熱鎮痛剤と鼻炎薬を処方してもらった。この時点では熱自体は微熱だったこともあって午後出社するつもりだったんだけど、頭痛が酷くて結局一日休み。
子ペンも熱が高くて再びお休み。ぼーっとしてるときと熱がでてても元気なときと。元気なのは安心するけど、流石に相手してあげる余力がない。親子でぐったり。相方が一足先に喉以外回復してたのが救い。

***

本当の地獄はこの日の夜から。
朝、昼、夜と薬を飲んで暫くは頭痛も収まるんだけど、当然夜飲んでから朝までは時間が長い。0時過ぎたあたりから神経を直接抓まれているような嫌な頭痛が始まる。
更にこの日の夕方から出始めた咳がタッグで襲ってくる。一時間に一度咳で目が覚めて、頭痛で眠れなくなるの無限サイクル。
せめてリフレッシュしようとその度にトイレいったりうがいしたり。
翌日も酷い頭痛は収まらずに休みをもらうことに。年度が明けて仕事の落ち着いてる時期で良かった。
子ペンは保育園には行ったけど、夜には発熱と、咳込みが多くてかわいそう。
そして僕もまた夜は同じ地獄が。

***

金曜は流石に出勤したけど、やはり残業せず帰宅。
3晩も同じような辛い夜を過ごして身も心も消耗が激しかったので、土曜はついに別の病院で再受診。症状自体の変化もあるので別に最初の病院が悪いとは思ってないのだけど、こう長引くと先入観なく診て欲しかったので。
で、処方して貰ったのは解熱鎮痛剤のほか、咳止めして痰の排出を促進する薬とか、あと抗生物質。
この日は子ペンも再受診して、やっぱり抗生物質を出してもらった。薬無料羨ましい。

***

流石に今度の薬はだいぶ楽になってきた。まだ明け方とかかなり辛いけど。

そんな一家総出で風邪継続中のまま、明日は大切な大切な記念日。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。