日刊じゃないでじぺんNo.391 #kopen0416

不定期子ペン日記No.104

子ペン発熱。3ヶ月ぶりの本格的な病気。
丁度流行期に入ったという報道もあったし、検査で確定させてはいないものの、状況的にRSウィルスっぽい。2歳までには殆どの子供が罹患するらしい。重症化の気配がないか経過を慎重に見守りつつ、でも基本的には対症療法なのよね。頑張って薬飲ませないと。

***

日曜日、急激に気温が下がった日あたりから鼻水を出し始め、翌日くらいから軽い咳。保育園でも月曜、火曜と休みの子が増えてるようで、来てる子達も鼻水出してる子が多くて気になってた。で、水曜の朝に登園規定をやや超える37.7℃。

相方がたまたま仕事が忙しい(そういう時に熱を出す確率が妙に高い…)らしく、半日でも出たいというので僕が午前半休でバトンタッチ方式に。
で、その午前の間に病院に連れて行った。この時点では鼻水とかは酷くなってたものの、まだ微熱のままだったのであまり気にしてなかったんだけど、「これは多分こじれるよー」と言われてしまった。本人は異様に元気なんですけど。

昼に相方が帰って来て、僕は出勤。バイバーイ、と声をかけたら泣き出した。あ、これだけで僕がいなくなるってわかったのかな。
午後、39℃を超えたとの一報。やっぱりこじれるのかー。

***

翌朝の子ペンは熱は平熱、ケロリとしていた。なので、午後に熱が上がって呼び出される可能性はあるけど、このくらいなら保育園行けるかな?と判断。
でも結果的にこれは大間違い。登園したものの、その場で測ってもらったら何時の間にやら38℃を超えていた。家出る直前は平熱だったのにー。ていうか本人は異様に元気なんですけど。

やっぱり前日39℃超えて、医者からも拗れる、と言われた事実を甘く見てはいけなかったと反省。
結局そのまま連れて帰り、相方に連絡。あと会社に遅刻の電話。こんなことならはじめから休ませるべきだよね。相方がダッシュで帰ってきたのでバトンタッチ。

で、またも僕が出るとわかった瞬間から大泣き。抱きついてくるし相方に抱っこされてても手を延ばしてくる。かわいそうだし切ないし、相方は宥めるの大変だけど正直に言いますね。
嬉しい。
だってこんなにいなくなるの嫌がってくれるなんてさー。

この日は家に帰ってみると解熱剤で一時的に元気な子ペンのお出迎え。ていうか異様に元気なんですけど。
辛い状態から解放されたからか、通常よりハイテンション。机の上のものとか普段以上に落とす落とす。元気なのはいいけどさ。

***

で、本日。
朝から39℃超え。長引くと言われたので覚悟はしてたけど、なかなか良くならないね。薬は本気で嫌がるから大変。昨夜にあげた抗生物質も一度全部吐き戻されたし。2度目はなんとか飲ませたけど、3日間飲ませるやつだから足りなくなってしまうよ。

幸いこの週末はもともと予定らしい予定もないので、今日は相方に頑張ってもらって、週末は2人で子ペンを見守って静かに過ごそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。