日刊じゃないでじぺんNo.395

今回は久しぶりに野球の話しかしませんので、興味ない方はお帰りいただいて問題ないです。

プロ野球レギュラーシーズン終了。つまりベイス的には今季プロ野球終了。
オーナー替わって監督替わって心機一転の一年目だけど、結果をみれば46勝。昨年より一つ少ない。まぁでも昨年は身売り確定まで時間がかかって補強もくそも無いままの再スタートだったことを考えれば、オーナーやGMとしてはこのオフからが本当の勝負。お気に入りの選手が去るのは辛いけど、ここは大ナタを振るって本気を見せて欲しい。

***

まぁいいとこもあったんじゃないかな。ラミレス、菊池、藤井、内村とか外から獲ってきた選手が活躍したってのは補強が正しかったとも言える。去年参入だけど中村紀洋も良かったし。
逆にいえば生え抜きがだらしないとも言えるんだけど、それは何年も前からずっとだしな。
投手陣について言えば、三浦の復活に加えて高崎が去年の勝ち星をちゃんと上回ったのは大きい。でも2人とも2桁に届かなかった。まぁ打線の援護なさ過ぎだし、ポテンシャル的には15勝まではいける力があると思うので、来年こそ頑張って欲しい。
ポテンシャルといえば国吉、加賀美ももう少しかてたとはおもう。でも一年投げてだいぶ成長したかな。高崎と3人で柱になってくれたらかなり強いチームになりそうなんだけど。

***

長年懸案の正捕手も、もしかしたら決着がつくかもという光明は見えた。高卒ルーキーながら高城は素晴らしい。まだ打撃はイマイチだけど、谷繁以来の大物感はあるね。
黒羽根も負けないで欲しいけど。あと細山田はなんで使われないのかよく分からん。このまま脱落なの?
捕手といえば新沼選手、お疲れ様でした。一軍の正捕手にはなれなかったけど、捕手というポジションの宿命というか、そういうベテランも大事なのよね。

***

筒合、荒波は規定打席到達。悪くはないけどまだまだだよね。求められてる成績は。リードオフマンとしてはやっぱり出塁率あげて欲しいし、安定感も必要。
梶谷は成績の割りに使われ過ぎたけど、まぁ監督としては何かを感じての起用だろうし。こういうのは贔屓だのクソ采配だの言われるけど、やがて大成して大選手になったりすると監督の慧眼とか、中畑さんが使い続けたおかげ、みたいに言われるわけで、まぁ結果が全てよね。来年はその音に報いて下さいな。

***

ここまで書いたことは逆にいえばベテラン頼みの勝ちが多すぎるとか若手のブレイクがイマイチとかって話でもあるし、どんなに明るい材料があったとこで勝てなかったのも事実。
ベテランと若手、生え抜きと補強のバランスを保ちつつ、今年蒔いた種がちゃんと実ることを祈るしかないね。
最初にも書いたけど補強はせんといかんね。吉村あたり、パリーグでやっぱり期待されながら芽が出ない先発タイプとかとトレードどうかな。期待はまだしてるし好きな選手だけど、ここまでくすぶってると出して環境変えてあげるのも愛かと。いい選手取るためにはこっちもまだ期待度のある選手出さないといかんし。

***

ベイスじゃないけど、金本選手お疲れ様でした。
昨日の引退試合では監督が一番目立ってるようじゃいかんとお叱りを受けたそうで、まったくその通り。金本選手の言葉に、このチームの若手はどう応えるか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。