日刊じゃないでじぺんNo.403 #やきう

ドラフト前にあれこれ書いたので、ドラフト後のフォロー。

東浜君を外したのは残念でした。が、まぁ藤浪君もそうだけど地元に近い球団で本人や周囲の人的には良かったのかな。北條君も関西だしね。てか今回一番いい指名したのは阪神だよね。
春夏甲子園決勝で相まみえた投打のライバルが同じチームに入るとかどんなドラマよ。さりげなく補強ポイントの捕手に社会人一番評価の選手抑えてるし。

***

ベイスの話に戻す。
一位は白崎選手。内野手とは驚いた。でもドラフトで来年バリバリやれる先発なんてそんなにはとれんわけで、東浜君外した時点で仕方ない。
思い返せば高崎なんかは打線の援護があったり守備の穴がもう少し少なければあと何勝か出来てたと思うし、やっぱりここまで弱いと野手だって補強ポイント。
となると強打で守備もそれなりの内野手ってのは意外に理にかなってるかも。1人新人で先発を増やす代わりに、高崎国吉加賀美の勝ち星が増えるチームにするってのはありだよなー。

***

2位三嶋選手、3位伊納選手、5位安部選手と即戦力投手もきっちり揃えたね。三嶋選手はともかくあとの2人は大学経由社会人でそこそこ新人として高齢なのは気になるけど、その分一年目からやってくれるんじゃないかと期待。
三嶋君は先発でもリリーフでも良いけど、長く活躍出来る選手になって欲しい。

***

4位赤堀選手は外野手。外野は世代バランス的には高校生を獲るかと思ってたので意外。
でも強肩で守備範囲も広いとか、なんか凄く期待できる。体格も良い。プロの球に対応出来たら一気にレギュラーあるかも。外野で赤のつく選手は相手チームから見て嫌らしい選手になれそうだし。
6位宮崎選手。タイプが白崎選手と被ってそうなのは気になるけど、勝負強い打者らしいのでこちらも期待。

とにかく3位以下は社会人で堅実に実績を重ねた選手を揃えたって感じ。やはり今回は5年後よりも来年即戦力になりうる人ばかり選んだってことかな。まぁ去年が完全に高校生ドラフトだったからそれもありか。

***

育成も一人とったのね。高田GMは育成枠に否定的と聞いてたから意外。国吉になって欲しいね、今井君。

まぁ左投手がいない(僕はこだわらないけど)とか、内野手2人もいるかとか若干微妙なとこはあるけど、来年の戦力として手堅い選手を揃えた、という意味では思惑の見える良いドラフトだったのでは。プロへの適応力さえあれば来年全員一軍で見る機会があっても不思議じゃない。

戦力的にチャンスは多いチームだから頑張って〜。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。