日刊じゃないでじぺんNo.435 #kopen0416

不定期子ペン日記No.135

最近の子ペンのマイブームは「ぴっ」。
何かというと、スイッチやボタン的なモノを押したがる。廊下のスイッチが部屋の明かりと連動してることに気づくと、自分の背では届かないそれを押させろと指差して「ぴ!ぴ!」と要求し続ける。
あまりカチカチやられるのも迷惑なんだけど、まぁ子供の好奇心を満たすのも大事なので持ち上げてあげると嬉しそうにスイッチをカチリ。で、部屋の明かりが消えたことを確認してまたカチリ。それを繰り返す。ほっとくと際限なしだけど、その高さに抱え続けるのも辛い。

***

最近は僕のシェーバーなどもスイッチを入れたがる。
シェーバーで遊びたがるのは前からなんだけど、一度軽く(欲求を満たしてあげる程度に)髭剃り遊びをさせたところ流石にまだ乳児の柔肌だけあって、後から赤くなって怒られてしまった。もちろん僕が。

なのでどうしても持ちたがるときはスイッチをオフにして渡すんだけど、僕の操作を見てもう覚えてるのであっさりスイッチオン。そういうときは「ありがとー!」と言ってさっと取り上げて僕が使い出すと「やってあげた感」が満たされて満足するみたい。
でもまた少しすると欲しがるので、そのサイクルを繰り返す。朝の準備遅れる。

***

やってあげる、という点では自分が普段されることを僕や相方にしてあげる、というのもブームのようだ。前からそういう欲求はあった(食べ物を分けてくれたり)けど、高度な作業に目が行き始めたというか。
食事の時に自分用のエプロンを僕につけさせようとするとか、靴下を履かせようとする、とか。一生懸命ですげーかわいいよ。靴下はともかくエプロンはサイズ的に無理だけどな。

今朝は保育園でオモチャを他の子に見えるように(操作する自分とは反対向きに)して、やってみせてあげてたりした。ああいうのも「してあげる」なのかな。

***

最近驚いたこと。
夏とかもっと前、もしかすると一年前とかに聴かせていて、ここしばらく聴かせてなかった歌とかを聴かせるといきなり歌い出すことがある。
歌にあわせて一生懸命歌うようになってきたのはつい最近の話で、でもそういう姿を見る限り、歌えなかった頃に聴いていた歌もちゃんと頭の中には溜め込んであって、それがすぐに引き出されてるんだなー、と思う。本当に初めて聴かせる歌を歌うことはない(数回繰り返すと真似し出す)ので、やっぱり記憶を頼ってるのだろう。この時期に英語を憶えさせよう、という人の気持ちもわからんではないな、これは。まぁちゃんとそういう環境を継続しないと(海外で育てた場合ですら)普通に忘れるらしいけど。

***

最近はあたりまえ体操にあわせてふりふり動いてるのがとてもかわいい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。