日刊じゃないでじぺんNo.445 #kopen0416

不定期子ペン日記No.143

祝日の月曜に軽く発熱したものの、翌日は朝から平熱で保育園へ。
保育園について抱っこ紐から降ろそうとした途端に大号泣。最近本気の号泣のボリュームがますます大きくなってきた。他の子が心配そうに寄って来るも振り払う始末。まぁでも他の子達も顔をよく見るとみんな泣いた跡があるのよね。かわいい。
そしてうちの子も僕がいなくなればけろりとしているらしい。
勿論本気で悲しいのがまずあるのだろうけど、引き止めのための戦略というか、本人なりにダメもとの悪あがきと分かってる部分もあるんだろうな。

***

先週は保育園で毎朝泣いてたので少し心配だったけど、今週は水曜以降は平常モード。少しさみしそうにはするものの、我慢して手を振ってバイバイしてくれる。えらい。
遊びに夢中になってるときは、泣かれないようにそのままするっと出てしまう手もあるのだけど、僕は必ず声をかけてバイバイすることにしている。
だっていつの間にかいない方が絶対に嫌じゃん。それで泣くかもしれなくても(その場合は保育士さんに余計な面倒をかけてしまうけど)、ちゃんと手を振って送り出してくれる子ペンが理解してくれることを信頼してるし、信頼されたい。

***

昨日の朝、僕がまだ保育園にいる間に保育士さんが「アンパンマンのオモチャ持っておいで」と言ったら、子ペンを含む3人の子が走って行って、子ペンがそれを取った。1人で遊ぼうとしていて他の子が自分も遊びたい、という感じだったので「独り占めしないで一緒に遊ぶんだよ」と言ってみたのだけど、子ペンにはまだよくわからない。
怒られたと思ったのか神妙な顔つきのまま、それでも渡したくないので遊び出す。僕も同じことを(怒ってるわけじゃないことを示すために柔らかく)言うのだけど、他の子を押し退けてしまう。結局は他の子共々別の保育士さんに呼ばれて、オモチャをおいて別の遊びを始めたのでそれまでで終わり。

まだ言い聞かせが出来ないのでこういうのは難しい。
月齢が一番上とはいえ同い年。無理やり奪ったわけでもないから「譲ってあげなさい」と言うのは少し違うと思う。これが自宅のオモチャなら「貸してあげなさい」だけど。

親としては自分の子贔屓にならないように他の子により配慮したい(そうしつけた方が楽だし)けど、それは子供の成長に良い影響を与えるだろうか。

譲るべきは譲れる子になって欲しいが、本当にやりたいことや欲しいモノは主張出来る子になって欲しい(そして必ずしも通らないことも、主張した上で理解しないといけない)。親の前で抑圧されて、何でも押し殺すのは「良い子」ではあっても良い成長ではないと思う。なんなら喧嘩したって良い。でもその前に、一緒に遊ぶって選択肢を選べると良いな。
段階をじっくり踏まないといけないだろうけど。

***

ところで最近、カードとか紙切れを複数枚手に持って僕の前にきて「はい」と必ず一度手をあげてから一枚ずつ僕に渡す、という遊びをよくやるのだけど、何を真似してるのかさっぱり分からない。それを僕がやろうとすると、何故か一枚ずつ渡す前に全部ひったくられて、また「はい」。ずっと子ペンのターン!

たぶん保育園だと思うのだけど聞きそびれている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。