日刊じゃないでじぺんNo.465


昨日も書いたけど、日曜はちょこっとかなまら祭見て来た。
久しぶりだったけど、前はあそこまで人出は多くなかったと思うけどな。やっぱり海外で話題になったり、それが国内でまた話題になったりしてるうちにどんどん人が集まるようになったってことかね。
金山神社のある若宮八幡宮も決して境内は広いとこじゃないから、あんなに集まると大変だよね。

まぁうちは子供もいたので早々に神社からは離れたけど。地べた祭の時間帯とかどんな感じになってたんだろう。

神輿行列の方は川崎大師の表参道で見ることが出来た。あの辺はそこまで人多くなかったな。あー、地理的な話をしとくと、若宮八幡宮は川崎大師からとても近い。京急川崎大師駅のすぐそば。

神輿の写真はネット上に溢れてるからまぁいいよね。冒頭の写真は猿田彦ね。天孫降臨の先導を務めた神様なので、わりとあちこちの祭りで行列の先導役をやってるはず。天狗みたいな人が前の方にいたらだいたい猿田彦。

***

金山神社というのが性と鍛治の神様を祀ってるわけよ。カナヤマビコとカナヤマヒメ。なので3つの男根型の神輿のうち、ひとつめは鉄製。あれ重いだろうなー。鉄だもの。日立造船の寄贈だそうで、つまり日立造船の中でアレを作ってた訳か。

二つ目がたぶん一番ネットで見かけるであろうピンク色のエリザベス神輿。浅草の女装クラブの寄贈ということで、そこから毎年ニューハーフさんたちが男らしく担ぎに来てる。

最後のが一番小さいけど木像の、たぶん一番古くからあるやつかな。前の二つのインパクトのせいで、だいたい見物客がばらけ始める頃に通る。

***

しかし外国人観光客多すぎだろ。
どんだけ話題になってんのよ。わざわざこれ見に来てんのか?
実にカオスだよなー。でもまぁ、祭ってのはそういうもんだよな。治外法権は言い過ぎかもしれんけど、形がアレだからとか隠したり蓋をしたりしても意味はなくて、そういう民俗文化であることを受け入れて、その日のその空間を楽しむ人たちで埋め尽くす。

そういう雰囲気を利用して悪いことしたりモラルのない行為をして迷惑をかけるのはいかんけど、祭りの空間だけのルールなり秩序の中で楽しめば良いのよ。
水かけ祭りに出かけて水かけられて怒るとかナンセンスだものね。

***

ちなみに当日の出店ほどのバリエーションはないけど、アレの形で有名な子宝飴とかは普段から社務所で売ってるよ。
あと、御神体の形のレプリカも外においてあるし。

同じ若宮八幡宮の敷地には付属幼稚園もあるんだけどなー。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。