日刊じゃないでじぺんNo.480 #kopen0416

不定期子ペン日記No.170

最近の子ペンは長文を話す。なんかいろいろ話す。でもたまにアンパンマンとかわかる単語が出てくる以外は全くわからない。いわゆる宇宙語。

先週だったと思うけど、相方の飲みかけの紅茶のカップを持って僕に近づいてきた子ペン。でも案の定、それを僕の目前でこぼしてしまった。僕が手近なタオルでローソファを拭いている間笑って誤魔化してる子ペン。
と、そこへ相方が部屋に戻ってきた。
途端に僕と一緒にタオルで拭いているふりをしたかと思うと、相方に向かって一生懸命何かを喋り出す。身振り手振りを交えて。言葉は意味不明でも、その仕草は大人が言い訳する姿にソックリ。
そしてぼんぽんと叩いたタオルをめくって、「きれーきれー。ね?」とか言ってる。そんなに綺麗になってないけど。

可愛いし面白いけど、変な知恵がついてきたな。

***

あとは最近は寝言とかよく言ってるなー。やっぱり意味はわからないけど。

言葉といえば、保育園の階段を登ってる最中、先をいく子ペンが僕にそこで待て、とばかりに押さえつけて数段登ってから、僕に向かって「がんばってー」とか言ってた。まだ心配されるほどじゃないけどな。
風呂場でも僕にアンパンチ食らわせた後で、(オーバーリアクションで倒れた)僕の両手をとって「がんばってー」と。使い所はあってるような微妙なような。

***

子ペンは数を数える。
お風呂場で10数えたりとかはずっと前からだけど、ここひと月くらいかな。階段を登る時や飛び石を歩くとき、或いはモノを一つ一つ指差しながら「いち、にー、さん、しー」と言っている。
数字という概念がそこまではっきりしてるわけではないだろう。5個のお菓子を並べて「いくつ?」と聞いても多分答えない。でもそれを指差していーち、にー、とやることは出来る。「数」ではなく「数える」という行為、というか遊びかな。

***

こないだも書いたけど、最近は風呂が好きなのはいいけど、出たがらなくなってしまった。
そこで、水曜日に一緒に入ったときは、もう子ペンが飽きるまで(眠りたくなるまで)本人に任せて見ることにした。
考えたら朝と違って僕らにはリミットはないし寝るのもずっと先だし、子ペンの睡眠リズムに悪影響が出ない程度ならこっちが強制的に上がらせる理由が無いのだ。子ペンの入浴が10分20分長引いたところで僕らには支障は無いし、相方も楽が出来るフリーな時間が増える。
すぐ上がりたがってた頃に、ある程度あったまらせるために僕が自分で設定した時間に縛られすぎてた。

で、最終的にはいつもより10分くらい長く入ってたけど、やはりある程度満たされたらしくぐずることもなく素直にお風呂を出てくれた。
やっぱり、すべきで無いこともあるし躾との兼ね合いもあるけど、可能な部分では本人の気持ちを汲んで、こちらが柔軟に対応すべきだなー。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。