日刊じゃないでじぺんNo.488 #kopen0416

不定期子ペン日記No.178

このところ本当に言葉が加速的に達者になってきた。意味のわかる言葉が毎週ぐんと増えていく。今憶えたわけじゃなくて、小さい頃からの蓄積がようやく場面に応じてアウトプット出来るようになってきた、そんな感じ。
雨の日には「あめ、あめ、かさ」と言うし、食べたいものは「えっとねー、かれー!」「はんばーぐ!ぱん!」と料理名はとても限られてるけど欲しいときに伝えてくる。
食べてるときももおいしー、あつーいだけでなくあまーい!とかしゅっぱーい!とか伝えるようになってきた。
そして伝わることがとても嬉しいように見える。

***

「ねーねー、かーしゃん!みてみてー!これ、いっぱいよー!」
こんな感じのおしゃべりも増えた。そしてやっぱり、常に感動を共有したり自分の驚きや喜び、知ったことを伝えたい一番の相手はお母さんだ。彼の周りで一番彼を叱る人は彼女だけど、そんなことはなんら子供の中の愛情や信頼を揺るがせてはいない。

僻んでるわけではなく(拗ねて見せたりはするけど)、生まれる前から僕より10ヶ月も長い時間を共有して、育休の間もずっと愛情を注いだ彼女が、こうして子供から返ってくるものを一番享受出来るのは当たり前の話で、ちゃんとそうした形で報われていることは素直に喜ばしいことだと思う。
生まれたばかりの頃にだいすけ(じーびーえす)さんに言われた「どんどん抱っこしてあげて。必ず返ってくるから」と言われたのをよく思い出す。確かにそれは真理だと実感できるくらい、僕にも沢山愛情を返してくれる子ペン。でもやっぱり、その10倍は頑張ってる相方に、ちゃんと10倍は返してる子ペンの姿はとても誇らしい。

***

最近は自分の名前も、(まだちょっと発音しにくそうだけど)だいぶ答えられるようになってきた。
でもしつこく聞かれるとめんどくさくなるのは相変わらずで、「あなたのお名前は?」と聞くと「は?」と僕や相方に(マイクを向ける仕草で)聞き返してくるようになった。
なので最近は僕らの名前も教えてる。

***

簡単なクイズ「お耳が長くてぴょんぴょん跳ねるの、だーれだ?」とかにちゃんと答えを返すようになった。
それっぽい形式(問いかけと、次のページに答え)の絵本は昔から読んでるので、質問と解答のフォーマットは理解しやすいのかなー。でも絵本に乗ってない問題でも、わかるやつはちゃんと答えられる。わからないと適当なこと言うけど。

しかし「木の上でいつもお母さんと抱っこ抱っこぎゅーってしてるのだーれ?」と聞いたら、そっと手をあげたのが可愛すぎた。
僕の笑ったリアクションみて間違えたと思ったのか次からはあげなくなったので相方には見せられんかった。ちぇー。

***

2〜6ピースくらいの簡単なパズルも問題なさそう。もうちょっと高度なの与えてみようかな?

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。