日刊じゃないでじぺんNo.491 #kopen0416

不定期子ペン日記No.180

前回も書いたのだけど、子ペンの遊び方が広がっている。
なかでもかくれんぼ(もどき)がブームのようで、なにかと「もーいーかい」が始まる。こっちとしてはまだ本格的に隠れる必要は勿論なく、せいぜいちょっと頭隠したり、本人が今いるとこから死角になるところで壁に張り付くくらいで十分。というか家のなかならまだしも、外で始まってしまうとある程度子ペンから見えるところでないと見つけるのは難しいし、いざという時にこちらもかけよれる範囲でないと危ない。
あ、勿論外と言ってもマンションの中とかよ。

柱のところでいきなり「もーいーかい」とか言い出すので、その柱の裏とかに隠れる程度なんだけど、そして本人も目の前を通ったりするんだけど案外見つかるのがワンテンポ遅かったりして、また本人も見つけると本当に嬉しそうでとてもかわいい。

でもほんの少し前よりは確実にルールを理解してる感じがする。早いなぁ。

***

コンフェデ杯イタリア戦をテレビで見る。
だいたい家を出るのは8時くらいなので、前半見終わって出るのがちょうどいい。子ペン的にはいつも今日のわんことか見てから出るのだけど、この日は無し。

で、わかっちゃいないと思うけどなんか真剣に試合を見つめる子ペン。
そしてPKで先制したときはそれほどでもなかったけど、香川のボレーが決まった瞬間、何故か子ペンも大興奮。わかるか!わかるのか!

いやまぁ親が喜んでるんで何か一緒にテンション上がったんだと思うけど。
でも不思議なことに、前半終了後のリプレイでまたそのゴールシーンが流れたときも凄く嬉しそうにはしゃいでた。親2人はそのときはもう出かける準備でバタバタしてて、見てはいたもののそんなに改めて反応はしてなかったんだけどな。さっきのシーンだってちゃんとわかったのかな?
代表ユニとか着せたいなー。スペインとかでもいいけど。

あ、ちなみに普段は今日のわんこが始まると、それまでぐずっててもぴたりと止まって見始めるので、着替えを嫌がってる時とかの気分転換に良いタイミング。

***

子ペンが僕に絵本を読んでくれた。
保育園で保育士さんがやるように、相手に見せる形で開いて、キャラクターを指差しては「ほらー」「これ」「みてー」とか言ってはページをめくる、というだけのことだけど。

でも終盤のクライマックスでは、子供がいなくなって心配でオロオロしてるシーンでそれっぽい表情と仕草をして見せたり、その子が見つかったシーンではとても良い笑顔でにっこりして見せたり、子ペンなりに一生懸命伝えようとしてくれてた。

字が読めなくたって、伝えることは出来るよね。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。