日刊じゃないでじぺんNo.509 #kopen0416

不定期子ペン日記No.196

子ペンの夏休みその1。
子ペンは相方に合わせて、14日から保育園をお休みして、夏休み突入。僕は一日遅れて15日から。
といってもお休みの前半は殆ど家で過ごす。もともと、後半の旅行に備えてあまり出歩かないつもりだったのに加えて、猛暑と相方の体調不良も重なって、とにかく「無難に過ごす」前半戦に。

15日の夜は近隣の花火大会が良く見える場所まで赴いたものの、子ペンはものの10分で飽きてしまい、「きれいねー。かえろー」とか無感情に宣告してくるので相方と共に早々帰宅。まぁおかげで邪魔されずにひたすら写真撮れましたが。

***

17日。
どこへ何しにいくかも分からず泣いて着替えを拒否する子ペンを無理矢理着替えさせ、旅行に出発。目指すは那須高原。電車でかるくテンション上がったものの東京駅に着くまでに寝てしまい、人生初めての新幹線に乗り込むところは夢の中。
どうせならそのまま寝ていてくれるとありがたいという親の思いをあざ笑うかのように、席に座るなり目を覚ます。
アンパンマンの本を見て、おやつを食べながらの1時間少々の旅。その間ずっとおとなしく、という年頃でもなく、宇都宮あたりで大きな声を出すように。仕方なく僕がデッキに連れ出して、2人で外の景色など眺めてやり過ごす。

***

那須塩原の駅前の蕎麦屋で天ざるそばとカレーうどん。天ざるはエビ天、カレーうどんはそれ自体が子ペンの好物。分ける前提だから当たり前だけど、どこにいっても食事の注文が子ペン中心になっていく。

食事を終えて、ホテルのシャトルバスに飛び乗る。約40分でホテルへ。バスでも最初ははしゃいでた子ペン、ホテルにつく頃は眠そうに。チェックイン手続きをして、荷物を預ける。

***

ホテルに直行したのは、このホテルに温泉を利用した大型の温水プール施設があるから。流れるプールの途中途中に様々なジャグジーやシャワーなどの仕掛けがあって楽しめる。過去にも2度ほど僕らは来たことがあった。オムツはずれしていない子でも専用パンツを履けば入れるということだったので、今回の旅行先に決めた。

保育園で入ってるプールなんてのは大型のビニールプールに過ぎない。足のつかない大きなプールなんて初めて。身体を固定できるタイプの浮き輪を装着して、いざ進水。

怯えるかも、という親の不安を一蹴して子ペン大はしゃぎ。水遊びは好きだけどここまでか、というくらいの笑顔で流れるプールを堪能。でもそれはやはり僕や相方に繋がっているという安心感、信頼感。一瞬でも手を離すと途端に不安げな表情で叫びながら手を伸ばしてくる。笑っていられるのは浮き輪の性能ではなく僕らを信じてるから。当たり前だよね。
だからずっと手をつないで、一緒に楽しむ。

「およいでるー。たのしー」ニコニコ笑顔の子ペン。もうそれだけでここに来た甲斐があったわー。

***

プールの横にある円形の小型ジャグジー風呂にいたときは、何故か5歳の女の子に気に入られ、しきりに話しかけられる子ペン。最初は戸惑っていたものの、何度も「つかまえたー」と頭一つ分背の高いお姉ちゃんに抱きつかれて嬉しそう。そういう青春が送れるように頑張れ。

その後は相方と別れ、併設された男風呂ゾーンへ子ペンを連れて行く。水風呂にも熱めの露天風呂にも臆さずに入る子ペン。硫黄風呂で「なんか臭うね」と言ったらニヤリと笑って「ウンチだー!」とか言い出したのは困ったけど。他の人も入ってるからね。

本当に困ったのはその後な。案の定楽しすぎた子ペンは着衣拒否。何度もお風呂に戻ろうとするのを押しとどめ(一度は戻ってあげたけど)、何とか服を着てロビーへ。コーヒー牛乳を売ってたので「2人で半分こする?」ときいたら頷くので買うことに。一口飲んで渡すとそこからまさかの一気飲み。半分こはどうした。

***

部屋に戻ってしばらくのんびり(子ペンのみいつもと違う雰囲気に超興奮しっぱなし)してから、夕食へ。バイキング方式なので子ペンの好きなエビとかエビとか選び放題。
しかし、ある程度食べたところで一気に子ペンを襲う睡魔。かくんかくん舟をこいで、悔しそうに「うー」とかいいながら、とうとうテーブルに突っ伏した。
食べたいのに眠いとか、眠いのに寝にくいとか、楽しいのに寝たくないとか、「うー」の理由は色々あるだろう。暫く抱っこして寝かせてあげてたんだけど、寝にくいのか興奮か眠さを上回ってるのか、何度も姿勢を変えたり、僕の手を握ったり。普段の抱っこで寝かせるときとだいぶ違う。もしかしたら手を握ってるのは夢うつつでプールの延長なのかも。

***

あまり食べずに寝ちゃってかわいそう、と話してたところ、結局目を開けて頑張って起きようとしていたので、プリンを持って来てあげたらノロノロと食べ始め、やがて「おいしー」と言い出し、最後はおかわり要求。あの眠気に打ち勝ったのか、そこからはバナナやらお寿司の玉子やらスイカやらケーキやら、好きなもの食べまくり。まぁやや甘いものに偏った感はあるけど、特別な日だしね。楽しく食べられる方がいいよね。前半ちゃんとエビやカレーも食べてるし。

***

食事中あんなだったので部屋に戻ったらすぐ落ちるかと思いきや寝やしねぇ。
いつもと違うベッドの上で、楽しい今日という日を終わらせまいとするかのようにずっとはしゃぎまわって、結局強引に部屋の電気消してなだめてなだめて、なんとか11時ごろに就寝。

***

おやすみなさい、またあした。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。