日刊じゃないでじぺんNo.512 #kopen0416

不定期子ペン日記No.199

子ペンの夏休みその4。
最終日の朝は、起こしてまもなく朝食に行ったのが悪かったのか、いたく不機嫌。子供椅子への着席を拒否し、相方か僕の膝でようやく少し食べる。すぐに飾ってあったくま、いぬ、うさぎのおもちゃに興味が言ってしまい、仕方なく従業員さんに許可をもらって、それをしばらく借りることに。
最終的にはとってきてあげたパンケーキとかでなく、僕のご飯の上から納豆だけを綺麗に食べてしまうなどそれなりには食べてくれたかな。

***

食後はややのんびりと荷造りをして、いざ出発。子ペンは絵本を返却したことがご不満の様子。貰ったと思ってたのよね。

前日同様に周遊バスに乗り込む。目指すはワールドモンキーパーク。
最終日の行動はギリギリまで決めかねたのだけど、前日の乗馬の感動は大きかったようだし、やはりプールとかより地元ではあまりできない体験をさせよう、ということに。目的は、象の背中にのせてあげること。

バスに乗り込んで次のバス停で「おりるー」とか言い出す子ペン。おりられないと分かるとさっさと寝る体勢に。やっぱり酔ってるのかな。舗装されてるとはいえ、ガタガタするとこ多いしな。

そんなわけでモンキーパークについたときにはやっぱり寝ている子ペン。3日間で一番暑い日に、バス停からかついで歩くのも大変。帰る日だから大荷物もあるし。

***

しばらく日陰で休んでたら目を覚ましたので、まずは夜行性の猿のいる小屋へ。かわいい子猿などみて、寝起きながらすこしご機嫌。でもやはり色々な動物と触れ合えた牧場ほどのインパクトはなさそう。
続いて小動物との触れ合いコーナーへ。ヒヨコ、モルモット、ウサギが放されていて、餌をあげられるので、昨日のリベンジ、ウサギにえさをあげてみることに。

それまで子ペンが「おいでー」と言っても隅で丸まっていたウサギが、餌とみるや寄ってくる。「にんじんたべるー?きゃべつたべるー?」とか話しかけててかわいい。

ヒヨコは数が少なくて、ちょっと成長して大きめのやつだった。ここでも「おいでー」とか言ってる子ペンだけど、実際に持ち上げて渡そうとすると逃げる。バタバタ羽ばたくのがちょっと怖いのかな?

***

そして、大型の猿がいる檻の前を抜けて、いよいよゾウのコーナーへ。ラオスから象使いごとやってきたらしく、2頭のゾウが交互に客を載せたり餌を貰ったりしている。ゾウが好きな子ペンも、おそるおそる鼻に触れたりしているけど、1人ではあまり近づけないようだ。
ここで、30分後のバスを逃すとだいぶ間が空いてしまうことに気づく。帰りの時間も気になるし、他にもみるところがあるとはいえ、2時間は持ちそうにない。ので、ゾウライドだけなんとかやってしまおう、ということに。相方と子ペンの2人でゾウの上に乗り、グラウンドをゆっくり一周。子ペンが上から手を振ってくれてかわいい。
降りてから、エサやりもして、それから慌ただしく移動。
急いだのにバスは15分ほど遅れて、炎天下で帽子を嫌がる子ペンなだめながら待つのはきつかった。

***

次の目的地はお菓子の城。「御用邸の月」という仙台の有名なアレにそっくりなお菓子を作っている工場を見学しながらお土産を買えるところ。
時間はお昼過ぎ、2階のレストランはどちらかというとツアーバスとかの団体向けな感じなので、近くのレストランを探すことに。今の時代は手元で色々調べられて便利。

斜め向かいあたりにイタリアンがあるというので、そこに向かうことに。そりゃ正面の和牛とか食べたいけどな、安ければ。

「フィオラノ」という店名どおり、オーナーがフェラーリマニアらしいディスプレイの店舗。森に囲まれてとても良い雰囲気。しかし子ペンは席の横に大事そうに飾られてるミニカーで遊びたくて仕方が無い。「かしてー!かーしーて!」と懇願してくる。流石にそれは無理や。目の前におもちゃがある状態では説得も難しく、仕方なくiPhoneで気を引いて、食べ物が出てくるのをまつ。

ピザがたいへん気に入ったようで喜んで食べた子ペン。しかし食べ終わるとまた「かしてー。あけてー」まぁ、仕方ないわなー。

***

お菓子の城に戻って土産を買い、ついでにそこで買ったケーキなどを2階で食べられるようだったので、お茶しつつバスの時間を待つ。ここからは周遊バスではなく、路線バスで駅に向かう。もちろん今回も子ペンは寝落ち。
那須塩原についてすぐ、切符を買いに。この日の予定が流動的だったので予約は無し。案の定指定席は埋まっており、グリーン車も残りわずか。

正直、出張の帰りなど夕方の上りで何度かデッキにギュウギュウに詰められた経験があるので、子連れ大荷物で自由席立ち乗りは避けたい僕は、安パイのグリーン車を選択。席が離れるのはやむなし。子ペン人生2度目の新幹線がグリーン車。
結果的にはこの判断は失敗で、自由席ガラガラだったんだけど。

席が斜めに離れるので、子ペン嫌がるかと思ったけど、取り敢えず僕の膝の上で安定。グリーン車でうるさくされるのも困るので、またもやiPhoneの出番。あまり頼りすぎたくは無いのだけど、お陰様で東京まで静かにしてくれてた。因みに席も、宇都宮で続きの2席が空いたので車掌さんに確認すると東京まで空いてるから移動しても良いとのこと(もちろん急遽埋まったら退く前提で)で、結果的にラッキー。小山だけすこし気になったけど、大宮以降でグリーンや指定乗る人はまずいないしな。

***

何だかんだ夕食もとって、家についたのは9時前。予定よりはだいぶ遅くなってしまった。子ペンも家に帰って落ち着いたのか、しばらく遊んでから、早々に「ねんねー」。

さあ、明日からは日常だ。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。