日刊じゃないでじぺんNo.544 #kopen0416

不定期子ペン日記No.224

最近は数を数えてると、不意に11、12と2桁の数字を言い出すことがある。
でも思い出せないのか、11、12、12、12、15、16、15、15…みたいに壊れたレコードみたいに針が飛んだり戻ったり。もうちょいやねー。

***

妖怪しりとりの歌はもっと怖がらせようと思ってたのだけど、慣れてきたのか自分でYouTubeで見つけて(見つけたのはたまたま)リピートして覚えようとしてた。口の中でボソボソ真似してるのがかわいい。
でももうちょい怖がってて欲しかった。

***

「おまけのおまけの汽車ぽっぽー」という歌がある、らしい。ブランコで交代前とかに10まで数えた後、この歌で数回だけ「おまけ」してあげてから次の子に交代、という遊び歌だ。
それを子ペンがたまに歌うのだけど、「おばけのおばけのししゃぽっぽー」と歌ってる。
なんだそれ怖ぇよ。

***

交代、といえば今朝、子ペンが寝言で「じゅんばん!じゅんばんこよ!」と言ってて可愛かった。

***

同じマンションに、同じ保育園の最年長の女の子が住んでる。
たまたま今朝はその子に会って、それから子ペンはその子をずっと嬉しそうに追いかけてた。あちらも一人っ子なので、弟が出来た気分なのか嬉しそうに誘導してくれてとても助かる。抱っこも不要だし道草も食わないし。

でも、相手の子もせいぜい6歳だし、兄弟もいないから加減は多分分かってない。結構本気で引き離されて、子ペンはずっと走りっぱなし。それでもある程度で振り向いて待ってはくれるので、何とかついていけてた。でも、保育園の近くで階段を降りるところで先行するお姉ちゃん。いつも同じ組の子との散歩なら誰より早く降りられる子ペン。そしてドヤ顔でクラスの友達に「がんばれー」とか言ってるらしい子ペン。
でも、この年齢差からの単純な身体能力の差に加え、ここまで走った疲れでは覆せる訳もなく、スイスイ降りて行くお姉ちゃんに「すとーっぷ!」と叫ぶも届かず。

階段の一番上で座り込んで泣き出してしまった。

追いつけなくて悔しい、お姉ちゃんが行ってしまって悲しい、疲れた。いろいろな感情が混ざったんだろうね
もちろんお姉ちゃんは何も悪くない(心配もしてくれたしね)し、子ペンがそこで泣いちゃうのもわかる。君たちはお互いそれでいいと思うよ。

その負けず嫌いは大事だ。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。