日刊じゃないでじぺん No.589 #kopen0416

不定期子ペン日記No.266

自分でなんでもやりたいお年頃。
良い方に働くこともあれば、ちょっと困ることもある。
自分がやりたかったことを先回りされるとそれだけで機嫌があっという間に悪くなって号泣とかあるある。先に言ってくれ。
最近だとドアを開けたりとかね。先に開けて、一人で向こうに行ってから一旦閉めて、「すぐあけるからまっててね」とか言いながら開けてくれる。朝とかだとこの儀式はめんどい。最初に一緒に通ろうとすると「おとうさんはここでまってなさい」とか言われる。

一方で、服が汚れた時とか自分でいつの間にか着替えていたりとか、素晴らしい。なので朝も無理やり着替えさせるのではなく、3〜4枚から本人に選ばせて、「じゃあ着替えといてね」というとちゃんと着替えてるし、それで保育園に行く、という切り替えも以前より少しスムーズになった。それでも気分が乗らない時は抵抗するけど、着替え自体で泣かれることはなくなりつつある。

***

トイレトレーニングはまだまだ。ただ、ウンチに関しては自己申告が増えてきたかな。まだ、伝えて来た時は既に出てる、ってことのが多いけど、したいと事前に行ってくることもたまに。先日は朝の4:30に起きて、トイレに行きたいと訴えてきた。まぁこちらとしては急いではいないけど、オシッコの自己申告がもう少し増えてきたらオムツの時間を減らそうかなぁ。

***

最近は、少しiPadを自由に触らせすぎかな、と反省。使いたい時は必ず「貸して」と言わせるようにしてるのでそこは守ってくれるんだけど。こっちも家事の間とか楽だからほっとくとYouTube見てる。

でも流石にその時間が多い気がしてきた。いや、見てるのは構わないんだけど、ほっとく時間が長いのは良くないよね。僕のいない時間で、相方が帰宅後に食事の支度中、とかは仕方ないと思うけど、なるべく今まで以上に会話しながら一緒に見るようにしてみよう。

***

多分、僕は基準点だ。
子ペンはまだ、じゃれあうときの力加減がわからないから、叩いたり抓ったり噛み付いたり、強くしてしまうことが少なくない。
相方はすぐ叱るけど、僕はじゃれてる範囲なら許容してしまうから、子ペンも僕には強めの攻撃をしてくる。保育園の友達や保育士さんには遠慮があるようだから、結果として僕に対する攻撃が一番強い。
つまり、僕にやって叱られる強さの攻撃、痛がられるってことは、そのレベルの攻撃は相方含む他の人には絶対にやっちゃダメなこと。
結局どうしたって子供同士で叩いたり引っ張ったりはあるので、彼が覚えなきゃいけないのは程度であり力加減。オールorナッシングではない。もちろん目の前でやってりゃ言葉では「友達叩いたらダメ」って言うけどね。

***

先日も僕の髪をハゲそうな力で引っ張ったので振りほどいてから「今のはすごく痛かったよ!謝って」と言ったら「僕も痛かった〜!」と言って泣き出し、謝罪拒否。相変わらずごめんなさいは言いたくない子。

どうやら僕が振りほどいた時にそれが鼻に当たって痛かった、だから痛み分けだ、という主張の様子。でも殆ど当たった感触もなく、痛かったってのは多分嘘だろう。

でも、主題はそこではない。もちろん嘘は良くないのだが、かすった程度でも痛かった可能性もゼロではないし、それを嘘と断ずるのは彼の発言を一切信用しない、というメッセージになってしまう。
何よりここで彼が学ぶべきは「遊びの延長でも相手が痛い、嫌だ、ということをしてしまったなら謝るべき」という「程度を超えてしまったときの対応」であり、加えて「相手が反撃した(自分も痛かった)と言えば、チャラになる」という安易な逃げは通用しないこと。

なので、「わかった。痛かったんだね。じゃあお父さんは謝る。ごめんなさい」と。その上で君も謝ってほしい、と伝えた。でも感情的になってる子供にはなかなか通じない。しつこくやりとりをした結果、最後には「謝ってくれないならお父さんも君の言うことはもうきいてあげられないね」と切り上げた。
子ペンは部屋から大泣きしながら逃げ出す。ここで相方の出番。トイレに逃げ込んで閉じこもって泣いてた(そんなことするようになったのか!)子ペンを説得して宥めて連れ戻ってきた。そして、相方に促されて「ごめんなさい」と。

もちろんその瞬間に抱きしめて、全部受け入れてあげましたよ。
この一連の流れが全て正しいかどうかはわからない。最後の一言は脅しのようになってしまって良くなかったかもしれない。でも、僕よりいつも叱り役にまわる相方が我慢して、宥め役に回ってくれたので、叱って、叱られた理由を理解させて、謝って許される、というプロセスをそれなりにちゃんと出来たかなー、とは思う。

難しいけど、これを繰り返してお互いに学んで行かないとね。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。