日刊じゃないでじぺんNo.591 #kopen0416

不定期子ペン日記No.268

今年の夏は福岡へ行って来ました。子ペンにとっては既に4度目、といっても最後に行ったのは1歳だった2年前の夏なので、まぁ記憶にはないよね。考えてみたら0歳で2往復してたのね。

僕には田舎らしい田舎はないので、相方の親戚宅で自然に囲まれた場所で過ごす夏を与えてあげられるのはとても良いことだと思う。僕自身も何度か行って、気を遣いすぎることも無くなって来たし、そうなると気楽に過ごせて純粋に楽しい。

***

そんなわけで子ペンも自覚を持って飛行機に乗るのは初めて。数日前から予告してたので、本人もちゃんと理解してた。そういう予定の話とか約束とかちゃんと憶えてることが多くなって来たので、本当にいい加減なことは言えなくなって来た。
帰ったら食べようね、と言った大人が忘れてたお菓子のこととか(間に色々あったのに)ちゃんと憶えてて家に着くなり「ドラえもんのお菓子はー?」とか言うものね。

飛行機は座席指定が遅くなってしまって、並びの席は2人分しか取れず。子ペンはおばあちゃんと座る(そういや3歳なので初めて子ペンにも一人分の座席をとってたのよね)というのでそこに2人で座ってもらい、相方はその近く、離れて僕。さみしい気もするけど正直任せっきりに出来て有難かった。

降りてから聞いてみたら僕を探したり呼ぶこともなく、それどころか一つ前に座ってた自分の母親にすら気づいておらず大人しく遊んでいたとか。それはそれでやっぱり寂しい。

***

北九州空港に到着後、近くのうどん屋で遅めの昼食。
それから泊まる親戚宅(相方の母方の本家)へ。近くを川が流れ、山と田圃に囲まれ、土地の鎮守の鳥居が見える。頭に思い描く日本の原風景そのもののような場所。
晴れていれば夜には満天の星、のはずだったので星空写真を撮るための準備をして行ったのだけど、これについては残念ながら今回はノーチャンスだった。今回の旅程はほぼ毎日雨、または曇。そういう意味では子ペンもあまり山や畦道を走り回らせてあげることが出来なくて残念だったなー。

***

前にも少し書いたと思うけど、何故か分からないが子ペンは虫とかが怖いらしい。僕も相方も平気な方なんだけどねぇ。

で、親戚宅に着くなり、叔母さんが家の前の畑の用水路に子ペンを連れ出し、沢ガニを捕まえて見せてたんだけど、やっぱり触らない。まぁ大きい(と言ってもいいとこ1cmちょい)のはハサミが怖いかもしれんけど、ハサミがあるのか怪しいくらい小さいのに触れることすら出来ないとかどうなの男の子として。見るだけなら楽しそうなんだけどね。

***

家は平屋でとても広い。なので上がるなりテンション高くなって走り回る子ペン。誰も咎めないどころか、いくらでも走り回って良いよと言ってもらえて更に奇声を上げて走る走る。仏壇とかあるし、こっちのがハラハラするけど、まぁ家主が良いというのでそのまま放牧。すまんねー自宅はとても走れる家じゃなくて。縁側から裸足で降りて玄関から戻ってくるのは流石にやめさせたけど。

***

夜は近所で盆踊りがあるというので、食事の後に揃って出かけてみた。
盆踊りといっても広場に櫓を組んで太鼓を叩いて、という類のものでは無い。集落内の初盆の家々を周って、その家の前で小さな輪で踊る、初盆会だ。他界した人が初めて帰ってくる盆の夜、迷わぬよう皆でささやかに賑やかにお迎えする儀式だ。家の前だけが少し明るくて、集まった3、40人ばかりの人々が笑い踊り飲んでひと時を過ごす。大人になってみるととても美しい光景だ。とはいえ子ペンは子供。最初はつくなり「帰る」とか言って一人で暗闇に向かって歩き出したのを止めてたくらいだし、やっぱりつまらんかもな、と思ってたんだけど、踊りが終わる頃に振る舞われたお菓子に一転、大喜び。子供が少ない(踊るふりが出来る程度の子供としては最年少だったと思われる)ために周りの人たちがどんどん「これも持って行きな」とくれるので両手にめいっぱいお菓子を抱えてよたよた。
親の僕らにもたくさん持たせておいて、生意気にどこで覚えたのか「これでもうじゅーぶんだよ」と発言して周りを笑わせていた。

でも盆踊りは1件で終わらない。今年は3件あるらしい。車に乗せてもらって次の家へ。踊ればお菓子がもらえると学んだ子ペン、今度は輪の中心に突入して積極的に踊る踊る。甲斐あって、その家でも大量のお菓子をゲット。子供は他にもちらほらいて、みんな沢山もらってた。だいたいは帰省で来ていた子みたいだった。

2件目が終わる頃は10時近くなっていたので、流石に3件目には行かずに歩いて家に戻った(お菓子は全部車へ)。風呂に浸けて寝かしつけ。

田舎の初日、子ペンの脳内に盆踊りは踊るとお菓子がもらえるものとインプット。まぁこっちでは町内会とかの盆踊りですら機会が少なくなってるけどなー。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。