日刊じゃないでじぺんNo.633 #diary4kopens

子ペンs日記No.21

九州5日目。
親戚の家とはこの日の朝でお別れ。そのことを告げられた子ペンは、「このお家がいっぱいいっぱい好きだったのにー」と泣いたらしい。別れが辛いってことは、それだけ良い経験がたくさん出来たってことだ。次に来る時まで、ちゃんと憶えておこうね。
それはそうとその発言、丁度僕が外してる時だったので、そういうかわいい発言は僕の聞いている時にして頂きたい。

そういや前日も、もう1日このお家に泊まるよ、と言ったのを曲解して「おとーさんここに住むっていったよ?」とか言ってたな。余程気に入ったのね。まぁ君の住む街には無いものばかりだものねー。

***

この日は別府への一泊旅行。
昨年は博多方面を家族3人で回ったけど、今年はちょっと違う。父方のおじいさんの喜寿のお祝いとして、親戚総出の温泉旅行。10年以上前にも母方のひいおばあさんのお祝いで(結婚したばかりの時)同じような旅行したけど、こっちの風習というか、そういうのかね?
ただ前の時はマイクロバス借りて御一行様だったけど、今回は現地集合現地解散ってことで僕ら一家とおばあちゃんはレンタカー置いて電車移動。翌日の帰りの飛行機が昼なので、お盆の交通事情を考慮したら一番時間通りに動けそうってことで。
子ペンは今のところ「乗り物好きな男の子」には育ってないので珍しい電車にもテンションイマイチ。

まぁ1時間だし我慢してもらおう。一方チャイルドシート嫌いのペン子さんは楽しそう。車の長時間移動を避けたもう一つの理由はそれなのよね。寝落ちでもしない限り大ボリュームで泣き続けるので。レンタカーのチャイルドシートがサイズ合わないのしか残ってなかったせいで尚更。

別府で降りてホテルのシャトルバス。目指すは杉乃井ホテル。

***

朝早く移動したのは理由がある。それはこのホテルの大型プール施設と温泉。勿論宿泊者なら無料で入れる。この日1日たっぷりと子ペンをプールで遊ばせてあげるため。

午前中から仮のチェックインを済ませて荷物を預け、プールへ。ここで一つ失敗したのは子ペンのカメラも預けてしまったこと。あれなら防水仕様だからプール内でも普通に使えたのにな。プール内は撮影とか出来ないだろう、という先入観があったからだけど、普通に皆さんカメラとか持ち込んでた。

大きな造波プールと流れるプール。子ペンの身長では利用できないスライダーには気付かれないようにしつつ、相方と3人で遊ぶ。もう平気で顔もつけられるし、浮き輪さえあれば無敵の子ペン。
ペン子さんはおばあちゃんと造波プールの波打ち際でぱちゃぱちゃして遊んでた模様。そっちも超かわいい。

あとから親戚姉弟も到着。それぞれ一緒に遊ぶのを楽しみにしていた割に、合流するとたいして交わらないのは幼児の仕様なのかな。

***

プール内のレストランで軽食を済ませてから、おばあちゃんは温泉へ。水着のまま移動できるらしい。そうなるとペン子さんを相方が見ることになるので僕と子ペンだけで遊ぶ感じに。でもそれはやっぱり寂しかったようで、子ペンも「温泉にいく」と。

まぁ温泉といってもこちらもプールみたいなもんで、あまり違いはない。どちらも温水だし。ただプールよりは断然人が少なくて、ゆったり遊べる感じ。あと高台なので別府の街が一望できるのはすごい。
ここで再度親戚の子たちと合流。むこうの男の子(一つ歳上)も子ペンに声かけたりしてくれるんだけど、あちらは少し水泳を習っていた(すぐやめた)らしく、ようやく頭まで潜れる程度の子ペンとはスキルの差が大きい。なので結局「まってよー」とかか細い声で必死に追いかけるも、僕らの助力なしには遊ぶために近づくことすらままならない(そして相手も考慮して手を抜いてくれる年齢ではない)状況に。それでも泣き喚くでもなくついていこうとするのは、やっぱり同じ年頃の子と遊ぶのが本当に楽しいんだろうな。

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。