日刊じゃないでじぺんNo.646 #diary4kopens

子ペンs日記No.31

7月半ばの日曜日、我が家に金魚が2匹やってきた。
ホームセンターの金魚すくいで掬った、というより貰ったやつ。
夜店よりはマシかもしれないけど金魚すくいの金魚はあまり強くない(弱っていることが多い)というし、ましてや僕も相方も魚類飼育は未経験(学校でお世話する程度はともかく)だったので、正直乗り気ではなかったのだけど、おばあちゃんが「うちで飼うから」と孫達にやらせてあげたのが事の始まり。

まぁそれでいざ帰るとなって、子ペンがそれで納得するはずもなく。僕としても命あるものを連れてきておばあちゃんあとは宜しく、なんて無責任な扱いは子供に教えたくなかったこともあって、本人の滅多にしない力強い主張、泣きの訴えを聞き入れることにした。

翌日仕事帰りに改めて金魚飼育のスターターセットなんかを買ってきて、金魚水槽をセッティング。カルキ抜き、濾過プランクトン、底石、エアーなど最低限のことはやってみた。
子ペンはとても嬉しそうに餌をあげて、2匹に「アオ」「ケン」と名付けた。家族が6人になった、と喜んだ。

最初は「アカ」「キン」だったんだけどね。それならアカちゃんだね、と僕が言ったのが馬鹿にされたと思ったらしく、ついでにキンのほうまでアオリを食らってちょっとだけ最初の名前と変わってしまった。

その夜、お風呂に入りながら子ペンには「一度飼い始めたら途中で止めてはいけないこと」「金魚はたくさん買ってこれるけど、その2匹は今ここにしかいないこと(君たちをお父さんが飽きたからって他の新しい子と取り替えたりしないように)」を言い聞かせた。

***

数日後、「ケン」が水槽の隅でじっとしてることが増えてきた。明らかにおかしいのでいろいろ調べて、ちょっとストレスかかってるかもなー、ということで水槽を暗くして、餌の量も抑制してみた。しばらくしてそっと覗くと普通に泳いでいた。変わらないようなら塩浴というのを試してみよう、と思ってたのだけど、これで一安心してしまった。結局それから3日後、月曜日の朝にケンは死んでしまっていた。

気が重いながらもそのことを子ペンに伝えると「いやだー!」と号泣。そりゃそうだ。子ペンは家族の人数に数えるくらいだったんだから。
見てあげる?ときいたら嫌だという。じゃあお父さんが埋めてくる、というとそれも嫌だと。このままでは腐ってしまう、アオも病気になってしまうよ、と話したがやっぱり泣くばかり。これが土日ならゆっくり気持ちに付き合ってあげたかったのだけど、忙しい月曜の朝。とりあえず僕一人で、模造水草の上で横になった亡き骸をすくい取って、もう一度寝室へ。
見てあげる?と聞くと今度は見る、と。じっと見て、ちょっと触れて。それからまた泣いた。

結局埋葬(使ってないプランターにとりあえず)まではついてこなかった。子ペンはしばらく泣いてから、「妖怪ウォッチ見たい」と言い出した。彼なりの気持ちを切り替えるスイッチだったのだろう。普段平日の朝はそういうのは見せないけど、じゃあ今日は特別、と好きなアニメを見ながら朝ごはんを食べることを許した。

***

それから彼は、あまり金魚の話をしなくなった。
ショックが大きかったのだろう。

それから数日後、今度は「アオ」に微かな異変。ケンの時とは逆で、やたら水面で口をパクパクさせているように見える。また調べて、水質が悪くなっているのかもしれないと思い、半分ほどの水を交換。カルキ抜きもバクテリアの追加もして、なるべく魚に負担のないようにしてみた。この時は、子ペンも少し興味を持って手伝ってくれた。

だけど結局、アオも長くは保たなかった。僕らの知識不足、経験不足。元々弱い個体だったかも知れないし、当初のイメージ通り、金魚すくいの魚ということで、もう弱っていたのかも知れない。我々にとっても金魚にとっても、2週間と保たず不幸な結果になってしまった。
やはり平日の朝だったので、似たような展開に。

子ペンはまたもショックを受けて泣いた。

命の大切さ、大事に扱うこと。ちゃんと教えきるにも短すぎた。

うまく伝えられただろうか?せめて子ペンの心になにかのこせた

Posted from するぷろ for iOS.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。