日刊じゃないでじぺんNo.498

「いつも…その恰好を?」 おずおずと声をかけてきたのは、昨日から同室になったばかりの新入りだった。他にそんな間 … 続きを読む

日刊じゃないでじぺんNo.364 #situ

灼けるような陽射し。真っ青な空に湧き上がる入道雲。蝉時雨。風に揺れる草叢から噎せ返るような緑の匂い。 ジリジリ … 続きを読む

日刊じゃないでじぺんNo.357

僕は焦っていた。 この事態に気づいているのは、多分世界中でも僕一人。これだけ進歩した文明がなんてザマだ。 高速 … 続きを読む